2016/06/22

※お仕事情報とか※

一体どうしてなのか全くわかりませんが、この僕が7/13発売の和田アキ子さんの新曲"All Right!!!"のレコーディングでドラムを叩かせて頂きました。
いつもと違う曲調、いつもと違うフレーズ、いつもと違う演奏陣にやや戸惑いながらも楽しく叩くことが出来ました。
ちなみにイケポンモクも演奏してます。こういう時トモヤさんは遊んでるわけでは一切なく、もっぱらヒールの曲作りに没頭しているのです。
全国2〜3人のトシマニアの皆さん、是非チェックして下さい。
http://natalie.mu/music/news/191377

さらにちなむと、テレビ東京 開運!なんでも鑑定団のエンディングテーマでもある、加藤和樹さんの"夢追人"でも僕がドラムを叩いています。
http://natalie.mu/music/news/178091

なんかウケるよね!だって俺だよ!
テレビで流れてるんだよ!
振り幅の大きな人生です。楽しくやってるよ。
アッコさんには会ってないよ。
サマソニとか、テレビとかで誰がドラム叩くんだろう、村石さん?カースケさん?見てみたい!
なんでも鑑定団なんて言わばリンゴに始まり俺に終わるんだぜ!ファンタスティック!このフレーズ使える奴なかなかいねーよな!!!!

ミュージシャンとして、もっともっと色んな所で叩いてみたい!って欲求と、
バンドマンとして、FEELFLIPだけに心血を注ぎたい!って欲求とどっちもありますが、まあ皆さんご存知の通りの半端者ですんで。。。のらりくらりとやってけたらいいなと思います。どっちも俺だしね。
もちろんのこと、お仕事を頂けるのはご縁あってのことですから、非常に光栄に思ってますよ!
ありがとうございます。
今後もドラマーとして生きていきます。

2016/04/26

いいわけ




本当は皆様あっての我々になんてなりたくなかったんだよな、俺はPUNKでDIYでINDEPENDENTな人間になりたかったから。でもどこを切り取っても半端で軟弱な男だし、自分じゃ全然できないことばっかりで、いつしか思想や姿勢よりも演奏を重視するようになってきちゃった。もちろんまだまだ拙いものだけど、そっちの方が性に合ってたんだね。こんな自分が非常に残念だよ。

とまあ、この辺が本音の本音。
表立って何か強烈な思想を体現する人間、、を、そいつのすぐ後ろで座って鼓舞してる人間になりたかったんだよね。実際は今俺の眼の前にはパーティー野郎しかいないけど、最高に楽しんでるからそれでいいじゃない。
パーティー野郎も人間で、それぞれ色々抱え込んでて、どうしようもなくてどうにもならなくて、それでも無理して笑ってたりすんだもんな。その姿もまた美しいじゃない。
うちの人はただのパーティー野郎じゃなくて、強烈なパーティー野郎だしね。

メジャーデビューなんてもちろん誰にでもできることじゃないし、マジでできるかも?って時期にはメンバー全員それが欲しくて仕方がなかった。だから今はちゃんと嬉しいよ。
金が金を呼ぶ、資本に乗っかるなんてクソFUCKだと思ってたけど、気持ちのいい人に拾ってもらったから全然OK。

素晴らしいことなんだ。
バンドが自分らで御しきれないものになってしまっても、多くの人に触れてもらえる、その根本には俺たちの音楽しかないはずだ。

有難いことなんだ。
かかる人の手が何倍にもふくれあがって、そりゃみんな仕事だからやってんだけど、中には本当に俺たちを愛してくれる人もいるはずだ。

その分プレッシャーも相当なものになるよね。フロントマンなんてめちゃくちゃキツいはずだよね。今までよりもっとちゃんとしなきゃいけないことが増えて増えて増えて。
楽しんで乗り越えてもらえるように、支えてやらないとね。俺も足腰鍛えなきゃね。
他人事と思ってるわけじゃなくて、あなたたちが楽しんでる姿をずっと見てたいんだよ。態度や行動が伴ってない部分を挙げたらキリがないけど、いつも一緒に背負いたいと思ってる。

俺は本当にだらしないから、こういう気持ちを忘れないようにここに記しておきたかったんだよ。あくまでも前向きに。
全然更新されねーから、バンドのサイトのトップページからここへのリンクは消される予定。最後の更新になるかも?
素直な気持ちを書けてちょっとスッキリした。
どうもありがとう。
これからもよろしくね。

2014/05/24

アルバムどうでしょう?

Skhaotic Bottomを買ってくれた人、ありがとう。
発売されてからかなり時間は経ったけど、改めて聴いてみてどうでしょう?Twitterでのエゴサーチは毎日欠かしませんが、140文字って制約をとっぱらった長文のレビューが読んでみたいです。
先に俺が全曲解説とかしてみようかな。

もちろん完全主観で、他のメンバーのイメージとは食い違ってるかも知れないし、ドラムパートに寄ったものになると思う。勝手に乗せてる想いもあるしね。笑


1.Beginning of the Endless
このインストはいっけがホーンのフレーズを持ってきて、ドラムも大体指示通りに叩いてます。
でも、実は色んな音を重ねてて、聴き込むと面白いかも。
人生で初めて合わせシンバルに挑戦したのが楽しかった!あとスネアを抱えてスナッピーをシャカシャカしたり。
壮大さと軽やかさが両立されてて、イントロに相応しい仕上がりだと思う。

2.It's revolting 
一曲目で作った雰囲気をいきなりブチ壊す感じ。笑
この並びは相当パンチがあって大好きです。スカオティック!
Aメロのハットを8分で刻むのが速くて大変なんだけど、カッチリすればする程かっこ良いと思ってライブでも頑張ってます。
何よりEverything is FUCK O.K.って歌詞ヤバい。

3.Make your choice 
リード曲になるのかな。爽やかで優しい曲。
ドラムは前半思いっきり意識してる人がいて、よく◯◯好きでしょ〜って言われるその人を丸パクリしてます。エセだけどね。MVでもFAMOUS着てるし。笑
サビの大きいノリを出すのが難しくて、今でも研究中。
6連からの白玉ドーンからのサックスのフレーズが王道感あって気持ちいいですね。

4.GET LIFE!!
いっけ大暴れの曲。ベースがイケ散らかしてる曲。
じゃーんがじゃんが、じゃーんがじゃんがにパッッパララー!が最高ハマってると思う。
ベースソロ確かにヤバいけど、結構ビタ目に合わせてるドラムも聞いてね?
俺もめっちゃ頑張ってるよ?
むしろあそこドラムから作りましたから!!!

5.stayin' at home
夏らしい爽やかな曲。
ともやさんの天邪鬼が炸裂してる歌詞が秀逸!海へ行こう!とかでは決してないです。タイトル通りです。
いえーーー!!

6.Just an accident
海賊感あるよ!oiって言って欲しいです。あと、ついにヘイホーレッツゴーに手を出した問題作。笑 みんなで叫ぼう!
イントロ、ゆっくりしたとこから徐々にギアを上げてく感じが出せて良かった。

7.HERO
MC.MOCKがスパークしてます。
ラップの後ろのベースとドラムはかなりちゃんとHIPHOPしてると思う。
スピード感のあるギターロック的な。
ラスサビまえに叩き散らかしてる。手足のコンビネーションで意外とラクなフレーズ。

8.A Place in the Sun 
これねー、去年のFEELFLIPにはできなかった曲です。俺ずっとこういうのやりたくて、やろうよって言ってたんだけど恥ずかしがって出来なかった感じ。大人になりました。
今、ヒールがこれやるのが逆にカオス的なね。笑
録り音の話をするとこの曲だけトリガーかかってません。
ツアーでどんどんグルーヴィーにしてきたいな。フレーズも足すだろうから、音源ではシンプルに。
いつも、ある人物を思い浮かべながら叩いてます。

9.O.K.MAN
前のシングルからのリミックスバージョン。ともやさんといっけさんの歌は再録。新録の曲と並べても違和感なくて良かった。ライブでも主戦力です。

10.Sea of barley
シンガロングしようぜ!
これもサビ前ドラムが暴れる系。
勢いとタメのバランスがすごく取れてる曲。モッシュが見たい!

11.I'm not interested 
ノリノリで踊って欲しい曲。いつものスカダンスとは違うけど、こーいうのもいいでしょ?ラスサビ前の全員のキメがバツっと合うと最高に気持ちいいです。あとコーラスがキツいから、みんな手伝って!

12.NINJA
ダブ?レゲエ?スカ?なんでもいーや!
ルードでルーズな雰囲気から一気に駆け上がる感じ。Wake up!
イケイケギターソロの後、ハットとキックとバリトンがいい感じ。Cメロが泣ける。

13.Such a man
この曲難しい!ラテンっぽいリズムをこんなに打ち出すのも初めてです。結構騙しフレーズと言うか、裏切りフレーズをたくさん盛り込んでます。しかし難しい!

14.The Emperor's New Clothes 
みんなイントロでちゃんと裏切られてくれたかな?笑
俺はこの曲のギターソロが一番好きかも。楽しく踊ろう。

15.Encore?
ライブ来てくれた人は、真意を汲んでくれてるよね?
俺たちはあなた達の本当の声が聞きたいんです。
ライブ終盤でブラスト打つのマジでキツい。笑


以上。
これ、本当は発売してすぐ書き始めた記事なんだけど、行き詰まったり忘れたりツアー始まっちゃったりしちゃったりなんだりでこんなに時間かかっちゃった。
あんまり気にしないで。笑

2014/05/21

Skhaotic Bottom

随分お久しぶりになってしまいました。

前のパソコンがぶっ潰れてから書かなくなって、何年でしょう。
色々ありました。ここに書きたいことも沢山あったんだけど、何分SEX,DRUG,SKAPUNKな生活を送っているもので公にできることって中々ないんですね。haha.
最近はともやのブログモックのブログも動きが活発なので、俺も便乗しようかなと。
実はまだパソコン買ってないんだけど。スマホで文章かったるいね。

前置きが長くなったけど、フルアルバムが出るんですよ。
BRAINS以来だから、3年ぶりとかになるかな。
活動10年目のアルバム。気合いも思い入れも感慨も格別ですね。
For Fighting(ミニアルバム)、touch the monolith(DVD付きシングル)からの流れを汲みつつ、これまでのFEELFLIPとは一線を画す様なアルバムになってます。したつもりなんだけど…どうかな、聴いてみて下さい。

Skhaotic Bottomってタイトルには、俺たちにとってそれはそれは深くて重い意味が込められています。
ちょっと背負い切れるか心配なくらいなんだけど、自信の表れでもあって。
SKHAOTICって造語に関してはフリーペーパーとかのインタビューで語られてるけど、まあ言っちゃえばSKACOREとかSKAPUNKの進化系ってことです。SKA+CHAOTICでスカオティックね。
形容詞になってしまったから、ジャンルとして表すにはSKHAOTIC PUNKとかSKHAOTIC HARDCOREになるのかな。

バンドマンを筆頭に、文化的な背景込みで音楽大好き人間からすると、PUNKとかHARDCOREを名乗ったり背負ったりっていうのはとても勇気がいることで、自分にとってそこはある意味聖域というか、不可触領域というか…いやごめん脱線しました。
まあ大多数の人には結構どうでもいいよね。自分でも考え過ぎて何でもいいじゃんってなっての、もう造語でいいじゃんでもあるんです。

で、実は本当に大事なのはBOTTOMの部分で、これは底とか基盤って意味の単語で。
10年かけて、今までなかった新しいものの基盤を作り上げましたってことです。
でも、俺たちに出来るのはそのボトムを整えることだけであって、聴いて、踊って、楽しんでくれる人達がいないときちんと発展させられない。

俺たち頑張ってやることやったぜ!でもこれを読んでくれてるあなた達がいないとスカオティックパンク(=FEELFLIP)は成り立たないから、一緒に楽しもう!って意思表示です。

こうやって書いてると、オリジナルメンバーみたいだけど、俺やモック、ポンくんは後入りで、10年選手は実はともやといっけの年長組だけ。
ガラッと形が変わった時にポンくんが加入してるから、殆どオリジナルみたいなもんで。
本当にこの3人のことを尊敬しているし、頭の下がる思いでいっぱいです。
モックが加入してからのギアチェンジっぷりは素晴らしくて、だからFor Fighting以降楽曲の雰囲気も全然変わってて。バリトンを活かした曲作りもここにきてようやく板についてきたと言うか。
俺も個人的にFEELFLIPと同い年でバンド活動歴は10年目になるけど、もちろん今が一番楽しいし、もっと楽しくしていけると思う。
そういう意味でも、"ボトムは整った"わけです。反撃の狼煙を上げる時は今なわけです。
みんなでちょっとひと騒ぎしてみない?



※この曲の歌詞とかもすげーいいから、出来ればCD買って、ブックレットを読んでね。
冗長な文章にお付き合い頂きどうもありがとう。
ライブハウスで会いましょう。

2012/07/03

それから

前回の記事から、最近までのことをドバッと。 まずは悲しいお報せから。

2012/03/25

新年初ライブ

3月18日に、今年のライブ初めがやっっっっっっっっとできました。
去年の半端ねぇNIGHT以降、公表してなかったけど活動休止してたもんで。笑
みんなに余計な心配かけたくなくてFEELFLIPからは何もアナウンスしなかったけど、
単にライブしてないだけで、曲作ったり5人で遊んだりはしてました。


2012/02/19

情報解禁

あんまりこの響き好きじゃないんだけど、いっけが使うから俺も使う。

情 報 解 禁